読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兎ノ森とツクラレシ花 Usagino-Mori’s Diary

小企業勤めの小市民のちみっちいココロとノウで書いてみます(仮)

木村先生への駄文。

先生それが結論ですか。 だから、「戦時下における性暴力」という概念をすっとばしたのですね。 だから日韓関係だけに絞ったのか。 blogos.com つまりはこうである。 そして見落としてはならないのはこのような動きは必ずしも、韓国のみの孤立したものではな…

事実と謙虚に向き合えない毎日新聞の耐えられない軽さ③

毎日新聞はメデイアの重い責任を主張しているが、社説からして軽いのはいかがだろうか。 社説:朝日社長会見 メディアの重い責任 - 毎日新聞 毎日新聞は「慰安婦問題」を女性の人権侵害の問題解決と考えてないらしい。 日韓間の「歴史認識問題」という視点で…

事実と謙虚に向き合えない毎日新聞の耐えられない酷さ①

ひさびさにあまりにひどい記事だったので、毎日新聞の記事を検証してみた。 朝日「慰安婦報道・点検」をめぐって:吉田清治証言 国際社会に誤解広める 国連報告などが引用、朝日は影響に触れず - 毎日新聞 まず、この記事は「河野談話検証報告書」を引用して…

駄文使いから池上様への御注進

(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証:朝日新聞デジタル まあ、これの件なのですが。 これが「慰安婦報道検証」を題材にとった「メディア批判」ということであれば、池上彰氏はメディア出身のジャーナリストという視点で「メディアの一般的な対応とし…

河野談話もアジア女性基金も慰安婦問題の解決にならなかったわけの一つ

河野談話検証報告書のアジア女性基金についてからかなり杞憂していたことがやっぱり現実だったことがわかった。 元女性基金理事の大沼保昭氏 韓国の慰安婦問題対応に絶望 Chosun Online | 朝鮮日報 元女性基金理事の大沼保昭氏 韓国の慰安婦問題対応に絶望 -…

せめて・・・なんだけどなあ。

またぞろ出落ちのタイトル申し訳ないと思います、駄文使いの(偽)兎です。 何故「河野談話検証報告書」を読めというのかです。 本来ならば資料なり研究なりを読んだり、調べたりすればよいと思うのです。 しかし池田信夫氏に代表される「おれ知ってんだぜ、…

朝日新聞の吉田記事の話をする前に「河野談話検証報告書」何故読まん?

まーなんというか。かんというか。 「河野談話検証報告書は間違いだー」 とか 「あんな河野談話検証報告に参加した秦郁彦は何してんだー」 とか そんな声が聞こえません。 産経新聞の古森氏はいったい何をなさっているのでしょう。 朝日新聞の慰安婦虚報は日…